2002年04月04日

「日本のうた」〜郷愁をあなたとともに〜

2002年4月7日 日曜日 横浜みなとみらい(晴れ
「日本のうた」〜郷愁をあなたとともに〜 鮫島有美子
(パーカッション:深井真理)

----------------------------------------------------------------------
第一部
----------------------------------------------------------------------

■レミニサンス
■おぼろ月夜
■平城山
■早春賦
■中国地方の子守歌
■待ちぼうけ
■婆や訪ねて
■鐘が鳴ります
■かあさんの歌
■初恋

=20分休憩=

----------------------------------------------------------------------
第二部
----------------------------------------------------------------------

■一番桜
■白いブランコ
■三月のうた
■誰もいない海
■〜出演者紹介〜
■ルトゥール(アンサンブル演奏のみ)
■遠くに行きたい
■時代
■夏の湖
■上を向いて歩こう
■川の流れのように

----------------------------------------------------------------------
アンコール
----------------------------------------------------------------------

3曲のうち最後はみんなで「故郷」を歌いました。
曲名が出てきませんm(__)m

----------------------------------------------------------------------

昨年、東京に住んでいながらも神奈川県民有志の合唱団に入り、そこで教わった先生の別合唱団による日韓ガラコンサートを聴きに みなとみらいへ行き、スケジュールなんて滅多にみることないんですが、ふと何かが呼んでいたかのように見てみると、鮫島有美子さんのがあってリーフレットの横見たらををっMariさんが写っていたでは あーりませんかっ。
某Jというところでも毛ガニさんと一緒にバラフォンをたたいているところを拝見はさせていただいてましたが、クラシックなMariさんにも大変興味ありましたので、行くことを決心しました。

当日観にいらしてた方は老若男女問わずでした。

Mariさん第一部では「ずいずいずっころばし〜通りゃんせ」などによるアンサンブル演奏からしばらくおやすみで「かあさんの歌」でマリンバの美しい音色が会場中を染めていました。

第二部はマリンバの他グロッケン(よく見えなかったのですが音からするとそんな気がしました)シンバル等こなしてました。

途中演奏者の紹介で鮫島先生から
「2つどころではなくどのくらいの楽器を弾きこなしていらっしゃるのでしょうか。
「打楽器で本当の専門は?」と聞かれ、
「たたくのは全部」とMariさん。
「あまり変なものはたたかないように」と先生ぇ変なものって???
他でも女優さんだったりラジオの番組をお持ちで、今は打楽器の専門、曲を作って歌いながらたたいている打楽器のMariさんです(フルネームでした)と紹介されました。

服部隆之さんこの日のために作曲されたという「春」をテーマにした
「ルトゥール」という曲ではMariさんフルに演奏されてました。

曲全体は学校の授業でならったことのあるのと歌謡曲でおなじみので初めて聴いた曲は少ない方でしたから、座ってゆっくりリラックスしながら聴けるコンサートでした。

アンコールの最後では席に座っている人もみんなで「故郷」を歌い 和やかな雰囲気でした。
ただ、私も歌っていたら隣に座ってたご年輩のご夫婦に「若い方でも知っているんですね。」と話しかけられ、てっきり「故郷」のことかと思ったら鮫島先生のことだったようです。あんまり長話しない程度にMariさんのことだけを話しました。


(AYACO)
posted by 極楽院梅香 at 00:00| Comment(0) | 2002年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: