2002年12月22日

Ryo Okumoto Live in Tokyo Solo Album "COMING THROUGH"リリース記念スーパージャムセッション vol.2

2002年12月22日 日曜日
Ryo Okumoto Live in Tokyo
Solo Album "COMING THROUGH"リリース記念
スーパージャムセッション vol.2
in 六本木 MORPH TOKYO

----------------------------------------------------------------------
Keyboard 奥本亮
Sax 包国充
(サザンオールスターズサポート、元クリエーション、BEAT NUTS)
Bass 樋沢達彦
(Jungle Smile、中森明菜、原由子他サポート)
Drums 樋口晶之(BEAT NUTS、元クリエーション)
Percussion 野沢"毛ガニ"秀行(サザンオールスターズ)
[ GUESTS ]
Percussion & Vocal MARI (TAMTAM)
Vocal 小西のりゆき
(ミュージカル「ミス・サイゴン」他出演)
ダイヤモンド・ユカイ(レッドウォーリアーズ)
Guitar  鈴木晶 (BEAT NUTS)
     TAKA(TAMTAM)
     石川洋二
     各川正幸
Bass ファン・ヨンフォ
Keyboard 粟屋顕
----------------------------------------------------------------------

昨年、9月にBEAT NUTSのライブでゲスト参加したのがきっかけで
奥本亮さんというキーボーディストの方を初めて知りました。
今後何かとつながりがあることを予想しては、公式サイトを探して
みたりしてチェックする方のおひとりになってしまいました。

アメリカを拠点としていらっしゃる奥本さんは、なななんとっ
アレサ・フランクリン、ナタリー・コールetcと共演し、ご自身の
アルバムにはTOTO、ディープパープルetc(?)の方が参加されている
と聞き、ただただおどろくばかりぃーな方なのです。

とっても独自のプログレシブロック+フュージョン風な奥本さん
ならではの世界をもっているというのでしょうか・・・
(表現が乏しくてすみません。)
何年ぶりにか見たようなショルダータイプのキーボードを弾きながら、
登場し、吸い込まれてしまいそうな中、ピアノとキーボードを交互に
弾きこなしてしまったり、すごい以上のシンセサイザーの音から
始まり、そんなボルテージの高い中、メンバーもおなじみの
包国さん、樋沢さん、樋口さん、そしてパーカッションは毛ガニさんの
ピンチヒッターをつとめた紅一点!MARIさんで、大変バランスが良くなり
曲との絡みも抜群!!!
MARIさん、ドラムプレイになんか負けないくらいコンガ、ティンバレス、
タンタン・・・etc。動きも大変アクティブなので、見える限り、
ほとんどくぎづけでした。

中盤からは段々とやわらかなジャズ・ラテン風になってゆき、聴きなじみ
のある「サデンサンバ」あたりからちょっぴりプログレな空気がなくなって
きて、タムタムセッションが始まり、こうゆうの聴くと踊りたいのよねーと
踊っている人もちらりほらり。そこで、ダンサーの方が登場し、盛り立て
れるように、近くにと思ったのでしょうか?MARIさんが左後方の定位置から
真ん中へ。
#でも、後ろで挟まれながら観ていたせいか何を叩いてたのかわからず・・(泣)
ちょうどそのころTAKAさんもギターで参加し、待ちに待ったTAMTAMになりました!

歌ってくださったのは「Angel」。イントロが奥本さんのキーボードでしたが
MARIさんの服装があまりにもセクシーで華やかだったのかちょっぴり動揺して
いたようで「興奮してます」と言った瞬間、笑いの場もあり。
MARIさん歌メインだったのでパーカッションの音色なしで、いつもとちょっと
違うかな?と思いきやしっとりと聴かせてくれました。
TAKAさんのギター、奥本さんのキーボード、包国さんのフルートでほのぼの〜♪
とした雰囲気になり、周りの人もすっかり頬が上気し、心を開放したかの
ように楽しんでいるようにも見えました。
奥本さんアレンジでとってもうれしそう♪

後半はプレゼントのコーナーもあるなか、奥本さんとメールのやりとりを
していた方で、50人もお友達やお知り合いを連れてきたという、とっても
パワフルな男性によるギター演奏で、ボーカルに小西さん(通称コニーちゃん)
を入れて激しいロックから再び熱くなり、ソウルフルなマーヴィンゲイの
「WHAT'S GOING ON」をダイヤモンド・ユカイさんが歌う。

アンコールから「SILENT NIGHT」でロマンチックなクリスマスムードになり
スティービーワンダーの曲で締めくくると思いきや、そこで奥本さん、再びプログレ
に早変わり。しまいにはショルダーキーボードを弾きながら観客の方へ行き、
肩車されながらステージへと戻るシーンもあり、色とりどりな演出で、熱く興奮した
クリスマス前の一夜でした。

次回のライブもその場でスタッフの方と相談しながら決めてました。
日にちはオフィシャルをチェックしましょう(^-^)v
場所はまた同じでーす。
TAMTAMでの出演はどうでしょうか???

(AYACO)
posted by 極楽院梅香 at 00:00| Comment(0) | 2002年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: