2002年12月29日

鈴木明男「年忘れライブ」

2002年12月29日(日)
鈴木明男「年忘れライブ」
Blues AlleyJapan

Photo by osaru
----------------------------------------------------------------------
(Sax) 鈴木明男
(Sax3人娘)中島薫・佐々木亜紀子・倉田愛子 
(Key) 小倉泰治 
(Ds) 宮崎まさひろ
(Bs) Fukushin 
(Gt) 中川雅也
(Per/Vo) Mari
(Vo)Paris London・斉藤典子  
他、大物ゲスト
----------------------------------------------------------------------

12月29日、仕事納、大掃除などなど慌ただしい年の瀬せまる中、
行き交う人もそう多くない街中はやや静けさを感じることができ、
肌寒くも気分は開放的に。
そういったクールな都会の真ん中、目黒のブルースアレイにて
鈴木明男さんの年忘れライブが行われました。
MISIA、ANRIバンドとして御活躍されている明男さんはSax、Flute奏者。
とってもにこやかで、トークは楽しく一見おちゃめさんではありますが、
Sax、Flute吹かせた日にゃ世界は仰天!?
そんなギャップがとても魅力的ぃーな方で、Mariさんは同年6月に行われた
明男さんのバースディライブで初共演をした仲であるそうです。
ところが、Pekerさんにそそのかれてしまい、明男さんの顔にパイを投げ
付けてしまったそうで証拠写真もあるからその仕返しにMariさんを呼んだ
そうです(笑)その写真はいづこに?
開演の時間なのに始まる気配はまだなし。
皆心待ちにしているなか、私が座っているイス席の隣には固定されている
デジタルビデオがあり、お店のかなーなんて思ってたら見覚えのあるお方が登場!
Takaさんです。「急に出ることになりました」と。
TAMTAMは大物ゲストだったんですねー

ということで、若干10分押しで、まずは明男さんのSAXによるファンキーな
ナンバーから始まりSAX3人娘と一人息子?!(勝手に呼んでます)による
JAZZな曲、そしてそして知る人ぞ知るTAMTAM登場!!
Mariさんはバンドメンバーとしてステージ上にいるので相棒のTakaさんをステージ
へ呼んだところで、11月に同じブルースアレイでジョイントライブ演った時の
キーボードの小倉さんも紹介し、ここで、翌年のライブ告知をしてくださいました。
#何時?何処で?はTAMTAMからメールくるのを待ちましょう!
自分の中では名刺代わりかな?と思うのですが、演ってくださったのは「Angel」。
明男さんの甘く切ないような音色のSaxが入るとこれまた世界が一変し、まるで新し
い曲を聴けたかのような。
場所・時間・出演者・客層が違っていてもTAMTAMならでは、ぱっと似合ったステージ
を違和感なく作り楽しませてくれる。
続いて斉藤典子さんはANRIさんの方ではコーラスだそうですが、この日はボーカルで
クールな映画音楽や男声の曲を明男さんのSaxとシックに2曲ほど。
パリスロンドン氏はR&Bの定番をSax3人娘とともに。

それぞれの出演者が1、2曲ずる演って交代し、途中休憩を挟んだ2部構成。
楽曲はそれぞれのオリジナルや誰もが知っている曲もあり、中でも知っているのが
あると、自然ととけ込め易い。
テーブル・イス席でお食事やお酒も十分に堪能した客席もどうやら楽しそうな
感じです。

休憩後もTAMTAM登場し、「Major in Love」を典子さん、パリス氏、デビット氏の
コーラス付きでゴスペル風になって、曲紹介でもありましたがメジャーコードの
ように.....最近ライブで聴ける機会があり好きな楽曲の一つ。

いろんな出演者がいてステージ上に並ぶとなるとすごい大所帯。皆それぞれの
エンタテインメント性溢れている賑やかで楽しいちょっぴり大人な夜を迎えられ
ました。
年を忘れるには、そういった意味でも贅沢なひとときでした。

posted by 極楽院梅香 at 00:00| Comment(0) | 2002年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: