2001年12月18日

Dear My Friend〜離れてても、忘れないよ!〜

2001年12月18日火曜日 大塚CAVE(晴れ)
Dear My Friend〜離れてても、忘れないよ!〜
Girl's Wonder マイナス One (須田千江子、服部まきこ)
ゲスト:TAMTAM
posted by 極楽院梅香 at 00:00| Comment(0) | 2001年

2001年10月27日

サタデー・プロムナード〜ゲストミニライブ〜

2001年10月27日土曜日
銀座駅コンコース「銀座のオアシス」 中央FM特設サテライトスタジオ
サタデー・プロムナード〜ゲストミニライブ〜







Photo K.Hashimoto


今回、試しにFLASHを使って写真を掲載してみました。
冒頭のムービーが終了したら[PHOTO]という文字をクリックしてください。

(極楽院梅香)



当日の詳しい内容については「とわとわ」をご覧ください。
って、他力本願な梅香でした(^^;
posted by 極楽院梅香 at 00:00| Comment(0) | 2001年

2001年09月08日

アフロ・ビート・ギグ「ハワレ」

2001年9月8日土曜日 渋谷クロコダイル(雨) flier PHOTO by M.Sakai

2001年9月8日土曜日、2度目のクロコダイルです。
・・・またもや雨(^^;
今回のライブはは土曜日だということもあって余裕の出発となった訳ですが、その余裕がいけなかった
のか、会場時刻が18時ということだったので開演時刻を19時と思い込んでいて17時20分頃に自
宅を出発してしまった。
ということなので、渋谷駅からちょっと距離のあるの道程を歩き着いた時は開場前・・・ちゃんと18時
に開けてくれぇ〜と思いつつしばし路上で待つ事に(^^;
そんな訳で、結局、開演まで1時間以上も待つ羽目になるわけですが、結果的にテーブルを確保出来た
のでよしとしておきましょう!
そうそう、今回はワニ飯食べました・・・Tシャツは買ってません(爆)

で、最初に謝っておきましょう・・・演奏曲順覚えてません。更に現在、体調不良に加えて多忙なため、
かなり大雑把になっています(泣)
だって、当日はライブレポートのことなんてこれぽっちも考えてないもん。
って、思ってたらTakaさんが某所(※1)の掲示板に投稿していたので演奏曲順は参考にさせてもら
いました、その後、Takaさんにもメール頂いたので完璧(苦笑)

今回のライブはバンド形態です。いつものアコースティックなTAMTAMもいいけど、バンド形態の
TAMTAMも良いですね。兼ねてより聴いてみたかった、六川氏の生演奏も聴けたし。

■1部 TAMTAM
 ・ここから天国
 ・BILI BILI VIN'
 ・What's Love?
 ・Angel
 ・恋人じゃない
 ・君じゃなきゃだめなんて
 ・Major in Love

 そんな訳で、開演時刻を過ぎTAMTAM登場!
 いつもMariさんはパワフル&キュートです。
 今回はバンドということで、TAMTAMの2人+野沢“毛ガニ”秀行さんに加えて、六川正彦(B)、
 包国充(Sax)、松本展知(Dr)、ん、・・・思考停止。
 キーボードは誰だっけ? 「キー松ちゃん」と呼ばれていたの覚えているんだけど。
 申し訳ないです、思い出せません・・・と思っていたら、Takaさんからメールが!ということで、
 キーボードは松田信男さん!です。
 そして広いとはいえないステージに大所帯での演奏が始まります。
 
 目を閉じて当日を思い出してみる・・・2週間近く過ぎ去った現在、記憶の大半は消え去っています。
 そんな訳なので、詳細等については他のサイトと関連付けてもらえればと他力本願なことを言ってみ
 たりして・・・(※2)
 
 すべての曲に言えることなんだけど、CDと違い、直でのMariさんの歌声と動き等によってメッ
 セージはより伝わってきます。
 で、一番印象に残っているのは「Major in Love」です。やっぱりこの曲は好きだと思いました。
 しかし、自身の習性というか、自然とベース弾きに目がいってしまうので、純粋にTAMTAMを観
 るということでは多少損をしているかもしれないです。


■2部 アッサン・ジャバイ&スーパー・サンチビ

 彼らを観るのは3度目・・・未だに2拍3連とか6/8というリズムにノリきれていない感のある梅香。
 だからといって、決して嫌いという意味ではないので、誤解のないように(^^;
 太鼓買ってきて練習しようかなぁ〜と、ちょっと考えてみたりする(^^;
 って、叩く場所ないよ・・・まともに叩けないのにいきなり公園デビューは恥ずかしいし、近所から文句
 でそうだしね。練習するとしたらスタジオかカラオケルームなのかな・・・でも、その前に買う予算なん
 てないしぃ(笑)


■3部 セッション
 ・≠BUT=
 ・題名しらず ※3
 ・太陽になりたい
 ・ネルソン・マンデラ

 セッションではSASの松田弘氏が参加、客席には関口和之氏が・・・。
 って、K夫妻以外のメンバーが集合してるじゃん。3人だけだけど。
 恐るべし、TAMTAMと思いつつ、23時を過ぎ、帰りの時刻を気にしつつ観てました(苦笑)
 同席していた3人は席を離れ踊っていましたが、年老いた私は・・・って、30代前半ですけど、着席し
 て観てました。腰痛持ちの上、最近は太りすぎで膝が辛くてね(爆)


■アンコール
 ・イワヨ ※4

 「イワヨ」確かにそう聴こえる・・・当然、私は意味を知りません(^^;


以上、12曲で約3時間。途中、インターバルがあったけど長いな〜(笑)
で、会場を後にしたのが23時30分頃・・・電車なかったらどうしようと
一抹の不安を感じながら家路に・・・問題なく帰宅することが出来ました。

関係ないけど、昔、鵠沼にMariさん・・・っていうかZELDAなん
だけど、それを観に行った時は終電間に合わなくて電車では自宅に辿り着
けなかんだよなぁ〜(笑)

(極楽院梅香)



※1がけっぷち浪漫堂
※2新保「Bon.」謙のホームページ。雑記内9/8分
  ねじばな。(紅織香月のページ〜かたり)
UKULELIAN'S PAGE(紗璃さんのページ〜ダイアリー)
Sweet Season(YUKIKOさんのページ〜日記)

※3セネガルの民謡なのですが、アッサンが突然スケジュールにない曲を
歌いだしてかなりあせりました(Taka談)

※4Takaさんたちはそう呼んでるらしい。
posted by 極楽院梅香 at 18:00| Comment(0) | 2001年

2001年06月11日

アフリカン・ダンス・パーティー・イン・クロコダイル「ハワレ」

2001年6月11日月曜日 渋谷クロコダイル(雨) flier Photo by M.Shigemoto

ということで、行ってきました。
「アフリカン・ダンス・パーティー・イン・クロコダイル」
きっちり定時まで仕事して、そのまま電車に乗って・・・っていうのは嘘で、一度、帰宅して1時間ほど録画済みの海外ドラマを観てから、渋谷へ(^^;
そんな訳で、クロコダイルに到着したのは午後7時過ぎ・・・。私が到着した時には掲示板でお馴染みのメンバーが既に席に付いていました。
そこでススメられたのが“ワニの唐揚げ”。いくらクロコダイルって店名だからってワニは無いだろうと半信半疑で食しました。・・・鶏肉?(後日、チャットでTakaさんからホントにワニだと告げられました(^^;
別に某氏達を信じてなかった訳じゃないです。実際に食べてみてワニのイメージと結びつかなっただけです・・・って、いまでも結びついてませんが(笑)
そんな訳で、演奏が始まるまでの長い長い時間(開場時間から来ていた方々ご苦労様です)、
ビデオを見ながら待ちました。
で、いよいよTAMTAMの登場となる訳ですが、この夜の曲目は
 ● Angel
 ● 恋人じゃない
 ● 天河
 ● Funk Session
 ● 都会のLION
 ● 太陽になりたい
ってな感じです。

1曲目の「Angel」は毛ガニさんのカフォンがいい感じでした。
以前、TVでカフォンの演奏をみて興味があったので、生演奏で聴くこと、観ることが出来て良かったです。
・・・欲しくなってしまいました(^^;
「Angel」ですが、この曲は梅香が感じるTAMTAMらしさが如実に現れている曲だなと思います。

3曲目の「天河」ですが、言っていいのかわかりませんが、あの場に居合わせた多数?の方々には新曲だったのかもしれませんが、梅香はTAMTAMメジャーデビュー前に鵠沼の某所で聴いて知っている曲でした・・・っていうか、TAMTAMで一番好きな曲だったんですが、いつまでたってもCDにならないのが不満でしたね(笑)
そんな訳で、久々に生で聴く「天河」はやはり最高でした。当時、聴いていたカセットやライブ録音MDが梅香にはTAMTAMらしさとして刷り込まれています。
ちなみに、鵠沼での「天河」はMDに録音してあったります。
が、現在、行方不明。次のアルバムには入りますよね?更に、カセットに収録されていてCD未収録の曲のCD化希望します!

今回、アフリカンな方々を交えてメンバー紹介があったんですが、パーカッションの嵐というんでしょうか、凄かったですね。こういうのもありなんですね(笑)
TAMTAMに限ったことでは無いけど、複数のアーティストによるセッションは楽しいですよね。
一時期、某バンドの影響でソプラノサックスに憧れた時期がありました・・・包国充さんは毛ガニさん繋がりでしょうか?

「都会のLION」はMariさんの話を聞いて、自分の親父(職人…今は隠居の身)ことを考えたんだけど、イメージする父親像がかけ離れている気がします(^^;
最後は「太陽になりたい」ということで、あっという間にTAMTAMの出番は終わってしまうのでした。
今回の一番収穫は「天河」が聴けたことでした。次のライブでも楽しみにしてます。

最後に要望・・・Mariさんの歌う「マライカ」が聴きたいです。昔、聴いたのが忘れられません。

(極楽院梅香)
posted by 極楽院梅香 at 18:00| Comment(0) | 2001年